手作り物語♡

クリスタルと不思議な本 第4話

また、本のページを、開く。

いろいろな魔法がある。

クリスタルは、ペンダントを、かた手で握って、お人形に向かって何かを躍らせる魔法を唱えた。

「タレント・アレグラ 踊れ!」

すると、お人形が飛んで、ベットに、落ちました。

「なんだ、魔法失敗。詰まんないの。ペンダントと、一緒に元の所に戻そう。」

そして、部屋を、出た瞬間お母様に、見つかってしまったのです。

「お、お母様、、」

クリスタルが言った。

「それを、見せて、クリスタル。」

お母様が言う。

「はい。」

少し嫌な風に、クリスタルが、渡す。

それをみた瞬間、お母さまの顔が、真っ青になった。

だが、その本を、受け取ると、クリスタルに、真実を、話し始めた。

次回も、お楽しみに!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です